痩せやすくなる ダイエット

確実にダイエットを成功させるには、激しい運動や食事制限はかえって逆効果です。

確かに短期間で劇的に痩せる場合もありますが、そのぶんリバウンドする可能性も高く、健康を損ねてしまうおそれがあります。

ダイエットをやめた後もリバウンドすることなく、体重や体型を維持するためには、痩せやすい習慣を身につけることが重要です。

では、痩せやすい習慣とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

食事はお腹いっぱいバランスよく!

痩せるために食事を抜いたり、決まった食材しか食べない「○○だけダイエット」は、かえって太りやすい体を作ってしまいます。
人間の体は飢餓状態に入るとエネルギーを溜め込もうとする性質があり、摂取したカロリーがすべて吸収されてしまうのです。
食べる量をセーブする必要はありませんが、そのかわり栄養バランスやカロリーに注目しながら、何を食べるべきかを決めましょう。

ただし、神経質にカロリーを計算したり、高カロリーな食べ物を徹底的に避ける必要はありません。
カロリーばかり気にしていると次第に食べること自体が大きなストレスになり、ダイエットに悪影響を及ぼしてしまいます。
少しくらいカロリーオーバーしても「誤差」として捉えるなど、なるべくおおらかに考えましょう。

無理な運動はNG!

激しい運動をすればすぐに痩せるとは限りません。
運動をしても消費されるカロリーは微々たるもので、しかも運動をしてもそれ以上に食べてしまたら、結局痩せることはできません。

大事なのは運動量よりも、基礎代謝を上げることです。
基礎代謝とは体温を維持したり、内臓を働かせたりするために消費されるエネルギーのことを指します。
基礎代謝を上げれば何もしなくてもカロリーが消費されるので、リバウンドしにくく痩せやすい体質を作ることができます。

そのため、かならずしもハードな運動をしなくても、ウォーキングなどの簡単な運動で基礎代謝を上げることは可能です。
運動が苦手な人は、ストレッチや入浴で基礎代謝を上げる方法もあります。
ハードな運動や自己流のエクササイズは、かえって体をいためてしまう可能性があるので避けてください。

睡眠不足はダイエットの大敵!

どれだけバランスの良い食事や適度な運動を心がけていても、睡眠不足はすべての努力を台無しにしてしまいます。
睡眠時間が足りていないと、食欲を亢進するホルモンが分泌され、知らず知らず食べすぎてしまうことがあります。

逆に良質な睡眠がとれていれば食欲がセーブされ、ストレスを感じることなくダイエットが可能です。寝る前にストレッチなどで適度に体を動かすと、睡眠の質が高まります。

⇒毎日の習慣にファットカットロス!公式サイトへ