ファットカットロス 妊娠ファットカットロスは、大幅減量を覚悟して飲むサプリメントです。

副作用が少ないサプリメントとは言え、妊娠中で胎児の発育に必要な時期なので
『ファットカットロスの使用はおすすめできません』

最近では妊娠中にお腹が目立たないようにとダイエットをする人が増えてますし、健康な出産のために太りすぎたくないという女性もいます。

確かに、妊娠中は太りすぎることで起こる妊娠リスクがあることも確かですし妊娠中毒症になる人もいます。

太りすぎるのがダメとは言え、本格的なダイエットをし蓄積したカロリーを消費するのは止めましょう。

妊娠期には胎児を守るための脂肪が付きやすいのは仕方がない事。

その大切な脂肪を必要以上に落としてしまうファットカットロスを飲むことは避けてください。

妊娠後期になるとカロリーを消費して胎児の成長に回していきます。

妊娠中にダイエットをし過ぎると、お腹の赤ちゃんまで栄養失調になってしまう危険性もあるのです。

栄養失調でしっかり育たないまま出産してしまうと子供の発育不良や合併症が起こることがあるとも言います。

また、妊娠中に母胎が栄養をちゃんと摂れていないと、子どもが肥満になりやすくなるという指摘もされています。

生まれてくる赤ちゃんがお腹にいる時は、ダイエットよりも身体にいいもの、胎児に良いものをしっかり食べて、適度な運動を取り入れて体重調節しましょう。

妊娠中にお腹が大きくなるのは胎児がすくすくと育っている証拠です。

ファットカットロスは”授乳中なら飲んでも問題ないんじゃない”は甘い!?

ファットカットロス 授乳

出産後も体重が思った以上に減らず、アレ?と思うでしょう。

妊娠前はあんなに体型をキープしていたのに、今では痩せようとしてもなかなか痩せない。

赤ちゃんの体重分は外に出たはずなのに、妊娠前の体重から考えると何キロオーバーしてるの!って驚くでしょう。

そこで「ファットカットロス」を飲もうと考えた!って方はちょっと待ってください。

授乳中って必要な栄養分を赤ちゃんに与えなければいけません。

急激に痩せることは自然でない限り避けたほうが良いです。自然であっても急激に痩せないように栄養を摂ってほしいところですが...

と言え、授乳で育てていると運動せず体に負担を欠けない状態であってもカロリー消費するので、徐々に痩せていくんですよね。

数値で表すと1日に約500Kcalを消費すると言われています。

このカロリー消費数は、1時間以上のジョギングをしないと消費できない量です。

だから「ファットカットロス」を飲まなくても痩せていくお母さんがほとんどなので、この時期はダイエットよりも育児に集中してください。

どうしてもファットカットロスを飲んでみたいというのであれば、出産を終えて卒乳をしたタイミングがベストです。

⇒本気の人限定!ファットカットロスへ