お風呂 ダイエット

お風呂はリラックス効果やデトックス効果が期待できるだけでなく、ダイエットにも効果的です。
きちんと湯船に浸かることで全身の血行が促進され、基礎代謝がアップします。

基礎代謝を上げることは、ダイエットにおいて大変重要なポイントです。
いくらエクササイズで体重や体脂肪率を落としても、基礎代謝が低いままだと、ダイエットをやめた途端、簡単にリバウンドしてしまいます。

体重や体型を維持するためには代謝量を上げ、痩せやすい体質になる必要があるのです。
そこで、ダイエットに効果的な入浴法をご紹介します。

中温半身浴

お風呂に入るのが好きな人や、毎日ゆっくりお風呂に入る時間を確保できる人におすすめです。
半身浴をする場合は、38~39℃くらいのぬるめのお湯に浸かりましょう。
お湯の高さは胸に届かない程度に調節してください。

まずは15分ほどゆっくりと入浴したら、一旦湯船から出て10分休憩しましょう。
この間に体や髪を洗っておくのも良いでしょう。
その後、もう一度湯船に浸かります。
時間制限はありませんが、のぼせないよう注意してください。

正座入浴法

中温半身浴と一緒に行うと効果的なのが、お風呂の中で正座をするダイエット方法です。
体が温まりやすくなるほか、骨盤のゆがみを整える効果も期待できます。

まずは湯船の中で立て膝をつき、両膝とかかとをしっかりとくっつけてください。
そのまま腰を下ろし、かかとの上にお尻を乗せた状態を90秒ほどキープします。
90秒経ったら姿勢を崩しても大丈夫です。
正座に慣れてきたら、片足をふくらはぎの上に乗せ、足をクロスした状態で座ってみましょう。
約30秒ほど姿勢をキープしたら、今度は足を組み替えてから30秒キープします。
この手順を何度も繰り返すことにより、ダイエット効果がアップします。

高温反復浴

ゆっくりお風呂に入っている時間がないという人には、高温反復浴がおすすめです。
まずは42~43℃ほどの熱めのお湯に5分ほど浸かります。
このとき、肩までしっかりと浸かってください。

5分経ったら一度湯船から出て5分休憩します。
この間に体や髪を洗いましょう。
さらにもう一度、5分間入浴したら再度5分間休憩を挟みます。
仕上げに5分間湯船に浸かって終了です。

中温半身浴も高温入浴法も、高い発汗作用が期待できます。
むくみ解消や冷え性改善にも効果的です。
ただし、脱水症状を起こさないよう、入浴中もこまめに水分補給をしてください。

⇒偽物に注意!ダイエット効果をアップするならファットカットロス