ダイエット 運動

効率的に痩せるためには、かならずしも激しい運動をしなければならないというわけではありません。重要なのは、どんな種類の運動をするかという点です。

運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。

有酸素運動とは、筋肉に弱い負荷をかけながら長時間継続するタイプの運動です。
体内に蓄積されている体脂肪を燃焼させ、体を動かすエネルギーを生み出すことから、体脂肪や体重を効率的に減らすことができます。
ウォーキングやランニング、水泳などが代表的な有酸素運動です。

一方、無酸素運動は瞬間的に筋肉に強い負荷をかける運動法です。
短距離走や筋トレなどが、代表的な無酸素運動として挙げられます。
有酸素運動との大きな違いは、筋肉に溜めこまれたグリコーゲンをエネルギーとして消費する点です。

有酸素運動は体重や体脂肪率を減らす効果が期待できますが、無酸素運動は主に筋肉量や基礎代謝をアップさせるためのものです。
そのため、無酸素運動ばかり続けていると筋肉量が増え、体重が増加する場合があります。

しかし、ダイエットのためには有酸素運動だけしていればいいというわけではありません。
2種類の運動をバランスよく取り入れることが重要です。

確かに、有酸素運動を続ければ体重や体脂肪は落ちやすくなるでしょう。
ところが、ダイエットが成功した後も体形を維持するためには、無酸素運動が欠かせません。

筋肉量や基礎代謝が上がれば、何もしなくてもカロリーが消費されます。
つまり、太りにくい体になるのです。

また、いくら体脂肪が減っても、筋肉量が少ないままだと、皮膚がたるみ締まりのない体形になってしまいます。
どうせ痩せるなら、引き締まった美しい体を手に入れたいですよね。
体脂肪を減らしながら筋肉も同時に鍛えることで、キュッと締まったシャープなボディラインになります。

ただし、有酸素運動も無酸素運動も、やりすぎは禁物です。
ウォーキングやランニングも、呼吸が苦しくなるほど続ければ、無酸素運動と同じ状態になってしまいます。
息が切れてきたら休憩を挟むか、苦しくない程度にペースを緩めましょう。

さらに、ウェイトリフティングやスクワットなどのトレーニングは、筋肉に激しい負荷がかかります。
慣れないうちから大きすぎるノルマを設定したり、長時間続けたりすると、かえって体を傷める危険があります。

最初は簡単にできる回数から始め、慣れてきたらだんだんとノルマを増やしていくようにしてください。

⇒運動してもダイエットできない!そんな人はファットカットロス