ノンファットタイム 安全

ノンファットタイムに注目が集まっています!とくに気になるのが安全性ですね。

体内に取り込むサプリメントなので、安全性が第一。

さて、ノンファットタイムの安全性はというと・・・比較的高いということです。

ノンファットタイムの安全性がなぜ高いのか?

それは、副作用の出にくい「健康補助食品」だから。

サプリメント=健康補助食品というカテゴリーに入ります。

つまり、薬のような即効性はないけど、その分副作用の心配もほぼ皆無だよ。ってコト。

ただし、そんなサプリメントでも間違った飲み方をすると安全性を欠いてしまう可能性だってあるのです。その危険な飲み方が【過剰摂取】です。

たくさん飲んだからその分効くのも早い!という代物じゃないんですね、サプリって。

「できるだけ早く痩せたい!」と思う気持ちも分かりますが、ノンファットタイムを大量に飲むことは絶対にしないでください。

このことを守って飲んでいる上では、安全性は高いので安心して飲めますよ。

飲む時間やタイミングなども決まっていないので、あなたの飲みやすい時でOKです。

 

ノンファットタイムの成分が気になる!本当に安全なのか調べてみた

続いて、ノンファットタイムの成分から見てみましょう。安全性の高いサプリメントということは理解してもらえたと思いますが、それでも実際に配合されている成分は気になるもの。

ノンファットタイムの成分をチェック

  • スピルリナ
  • ブッチャーズブルーム
  • イエルバマテ
  • ヒハツエキス
  • カプサイシン

と、まだまだ続きますが舌を噛みそうな名前ばかりなので、ちょっとこのあたりで休憩です。

>>全成分を知りたい方はTOPへ

ノンファットタイムに配合されている成分を一通り調べてみると、飲みすぎ(過剰摂取)することで副作用の心配があるものが見つかりました。

今回はあくまで“飲み過ぎると副作用あるかもよ~”というデメリット部分のみチェックしているので、成分の効果など詳細についてはTOPをご覧ください。

1.イエルバマテ

イエルバマテは日本でもおなじみの「マテ」です。

マテ茶とか愛飲している人もいて健康にも良いと知られていて副作用とは無縁なイメージがあるかもしれませんが、カフェインが含まれているので飲みすぎはNGなのです。

大量に飲みすぎなければ問題はありませんが、持病があったり薬を服用中でカフェインに注意が必要な方は気を付けてくださいね。

2.ヒハツエキス

ヒハツはコショウ科のスパイスなので、ピリッとした辛みがあります。

副作用は特にないのですが、メリットでもありデメリットでもあるのが「効果を高めてくれるところ」で、薬の効果を強めてしまうことがあるので、薬を飲んでいる方は医師に相談してください。

また、ヒハツのピペリンは消化を早める働きもあるため、1日1g程度が目安となっています。

サプリメントに含まれている場合でもサプリ自体を飲みすぎてしまうと過剰摂取になるので注意しましょう。

3.カプサイシン

カプサイシンはダイエットには当たり前!というくらい有名ですよね。

でも実は致死量があるって知っていますか?

1kgあたり60~75mgだそうですが、一般的に食べられる唐辛子には1g当たり約3mgくらいしか含まれていないので、よほどの量を食べなければ致死量にならないということになります。

また、過剰摂取によってアドレナリンの過剰分泌によって脳内がダメージを受けると、精神疾患になる火病という病気もあるのですが、日々大量に唐辛子を摂取する韓国人特有の精神疾患なので、日本人もよほどでなければ大丈夫です。

サプリメントとなれば、副作用よりも良い影響の方が多いといえますね。

ノンファットタイム 成分

さて、ノンファットタイムの安全性と成分についてみてきましたが、どちらも“過剰摂取”がキーワードになっていました。

サプリメントたるもの、飲みすぎなければ安全なんですね。

目的がダイエットである以上、1日でも早く痩せたい気持ちは痛いほどわかりますが、ノンファットタイムを一気に飲んだりするのはやめましょう。

決まった量をしっかり続けることで、サプリメントは効果を表します。

継続はチカラなり!

ノンファットタイムで安全にスタイル美人を目指しましょうね。

⇒ノンファットタイムの公式サイトへ