ダイエット 食事制限

ダイエットというと、「食事制限」をイメージする人も多いでしょう。
しかし間違った食事制限をして体を壊してしまう人や、ダイエットに逆効果になってしまう人も多いです。

正しい食事制限を取り入れていくには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

食事制限をしても、痩せるどころかリバウンドしてしまう人もいますよね。

あまりにも食事制限してしまうと、炭水化物や脂質、たんぱく質など、体にとって必須な栄養成分の摂取を抑えてしまう事になってしまうのです。

例えば炭水化物は主に主食であるご飯やパン、たんぱく質はお肉や乳製品にもたくさん含まれています。これらは私たちの体が正常に動かすためにも、必ず摂取する必要があります。

炭水化物やタンパク質、脂質が不足してしまうと、脳は危機的な状況と判断して、食べなさいという指令を出すようになります。

そのため、極端に食事制限してしまうと、強烈な食欲に襲われてしまうのです。

これがダイエットが失敗してしまう原因となります。

また、食事制限のし過ぎはストレスにつながります。

食欲は人間の三大欲求の一つであり、絶対に食べないと決めていてもそれを実行するのは難しく、我慢してしまえばストレスがたまってしまうでしょう。

栄養バランスも気にしながら食事制限をするのが大切!

食事制限のダイエットをする時は、カロリーを抑えることだけに意識を向けるのではなく、体が欲する栄養をとるようにするのが、正しい方法です。

 

ダイエットで食事制限してるのに痩せない・・もしかしたらこれが原因かも

ダイエット 食事制限 痩せない

ダイエットを成功させるために、食事制限している人も多いでしょう。
食事制限しているのに痩せない場合は、次のような原因が考えられます。

冷え性になっている

栄養不足で血液の循環が悪いと、冷え性になりやすいです。
血液は酸素や栄養を運ぶ重要な役割を担っているのですが、栄養が不足する事によって血液の流れが悪くなってしまい、体は冷えやすくなり、新陳代謝は低下してしまいます。

体が省エネモードになってしまっている

食事制限のやり方が間違っていて、栄養バランスが崩れていると、栄養が体内に入ってこなくなってしまいます。
低すぎるカロリーでエネルギーを生み出すためにも、少量の食べ物でも脂肪として蓄えるようになってしまい、ダイエットとは遠ざかってしまいます。

睡眠時間が少ないから

意外と知られていませんが、睡眠時間が少ないとダイエットに適さない体質になってしまいます。
満腹中枢を刺激して、満腹感を感じさせる「レプチン」という物質の量が低下してしまうからです。よって、空腹を感じやすくなってしまい、食べ過ぎにつながってしまいます。

 

頑張って食事制限していても痩せられない人の多くが、自分では食事制限しているつもりなのに、結果として全く食事制限になっていないという事が考えられます。

自分では食事制限しているつもりでも、全くカロリー制限できていない事もあり得るので、まずは上記のような特徴にあてはまっていないか、振り返ってみてください。

⇒本気でダイエットしたい方限定!人気のダイエット法はコレ