運動前 食事

運動する前に食事をとる場合には注意が必要です。

ダイエットする人たちは、運動して痩せようと考える人もいるでしょう。
たいていは食事してから運動するものですが、その運動前の食事では抑えておきたいポイントがあります。

運動する前に食事するなら、次のようなポイントに沿って食品を選んでみてください。

  • すぐにエネルギーになりやすいもの
  • 消化が良いもの

たんぱく質や脂質や消化するのに時間がかかってしまうので、控えた方がいいでしょう。
朝は手早く食事を済ませたいという場合にはバナナやスポーツドリンクの他、野菜ジュースやフルーツジュースをとるのもおすすめです。

カロリー制限になるからといって、運動前に何も食べないでいると血中のブドウ糖が不足してしまい、低血糖症を引き起こしてしまう恐れがあるので危険です。

運動をすれば、食べた分のカロリーが消費されるので、運動前に満腹になるまで食べ物を摂取するのも控えた方がいいです。

食べ物が体内に取り込まれると消化するため、胃腸などの消化器官がしっかりと仕事するために働くようになります。

また、消化するために血液が消化器官に集まってくるのですが、食後すぐに運動を行ってしまうと消化器官に集まるはずの血液も全身に回ってしまうようになるのです。

こうなると消化活動もおろそかになってしまい、消化不良を起こしやすくなってしまうので、十分に気をつけてください。

 

ダイエットで運動後の食事で抑えておきたいポイント

ダイエット 運動後 食事

ダイエットに運動を取り入れている人もいるでしょう。
しかし、どんなに運動を激しく行ってエネルギーを消費させたとしても、運動後の食事によって効果が半減してしまうこともあれば、食事によって運動の効果がさらに高まる事もあります。

そんな運動後に食べておきたい食事は卵料理です。

卵というと、そこそこカロリーもあってコレステロール値が高いとして、控えてしまう人もいますが、ダイエット中だからこそ卵は必要なもので、ダイエット中でも積極的に取り入れるべき食材です。

まず、卵は運動後の筋肉を修復してくれる作用があります。
たんぱく質やプロテインもたくさん含んでいるので、運動後に取り入れるのにとてもおすすめです。

そして、代謝を高めてくれるビタミンCや、便秘解消に役立つ食物繊維もたくさん含まれています。脂肪の燃焼率も高めてくれるので、運動後に卵を取り入れるとダイエット効果が高まり、痩せやすい体にしていけます。

卵のカロリーが気になってしまうあなたへ

卵を運動後に取り入れた方がいいといっても、そのカロリーが気になってしまう人もいるでしょう。気になる卵のかろりーですが、一つ60グラムで91カロリーです。

また、卵はお肉や魚に比べると、血糖値を上昇させるスピードや消化スピードもゆるやかになるし、腹もちも改善します。

さらに生卵と比較すると、調理した方が消化率が2倍高まると言われています。
そのため、卵の消化率を高めるためにも、生の卵よりも調理した卵の方がいいでしょう。

⇒ラクして痩せる!?成功者が高いダイエットはこちら