ダイエット 食事 飽きた

ダイエット中は来る日も来る日も同じような食品ばかり食べていて、飽きてしまったという人もいるでしょう。

ダイエット中は食事制限をする場合も多いため、食のマンネリ化は発生しやすいものです。

ダイエット中の食事が飽きてしまったといってもダイエットを続けていきたい時、どのように対処していけばいいのでしょうか。

今回は、即効でできる対処法についてご紹介します。
ぜひご参考にしてみてください。

ダイエット中の食事に飽きてきてしまった…という人は、対処法として次の事を試してみてください。

  • 大好きなスイーツを食べたら3日は間をあける
  • 「サラダチキンだけ」というように、特定の食品に集中しないようにする
  • 週に3日以上は同じ食品をとらないこと
  • よく食べる食材や食品のメーカーや産地を変えてみる
  • 朝と夜に食べるものを変えてみる

このルールを守ってみるだけでも、ダイエット中のマンネリ化が防げるでしょう。

是非実践してみてください。

食事制限しているのに成果が出ない時はひょっとして…?

ダイエット中の人の中には、

  • 頑張って食事を工夫している割には全然減量できない
  • 体調が悪くなってしまう事が増えた

などのお悩みを持つ方もいるでしょう。

ダイエット中はつい食べるものが同じものになってしまいがちです。
そこにたまたま、体の相性に合わないものが入ってきてしまったため、なかなかダイエットがうまくいかないのです。

体質にあわないものを取り入れていても、体調不良を起こしやすくなってしまいます。

 

ダイエットの食事が飽きたと言う前に、長続きさせる秘訣とは?

ダイエット 食事

ダイエットしていると食生活に偏りが出てしまい、食事に飽きてしまう人もいるでしょう。
ダイエットの食事が飽きてしまったという前に、ダイエットを長続きさせるための食事を知っておくといいでしょう。

そのためにも、以下のポイントに従ってみてください。

一つの食品ばかり食べないようにする

飽きないダイエットを実践したいのであれば、一つの決まった食品だけ食べる方法をやめてみるといいでしょう。

例えばバナナならバナナばかり食べるという食生活です。
これがダイエットで飽きてしまう原因となってしまいます。
バランスも悪いので、健康的とは言えません。

調理法を変えてみる

調理に時間や手間のかかるものも、ダイエットに飽きてしまう原因となってしまいます。
簡単に幅広い料理にアレンできる食材を選んでいると、ダイエット中でも飽きがこなくなるでしょう。

例えば納豆やチーズなどの発酵食品を使ってダイエットする方法がありますが、発酵食品だけでも、レパートリーがかなりたくさんあります。

昼は納豆を使って夜はキムチを使おうなど、同じ発酵食品でも毎食全く違うものが食べられてバリエーションが広がります。

発酵食品は調理の幅も広いので、ダイエット中こそ常に常備しておくといいでしょう。

⇒食事がうまくいかない!そんな人におすすめなダイエットはこちら