ダイエット 食材

ダイエット中は食べるものに特に気をつけなければいけません。
しかし、どんなものを食べれば良いのかというのは、難しい問題ですよね。
基本は高カロリーな食べ物は避け、低カロリーな食材を積極的に食べることです。
ただし、カロリーだけでなく栄養価まで低い食材ばかり食べていると、栄養失調になってしまいます。
そこで、ダイエット中に特におすすめの食材を紹介します。

野菜

野菜は代表的な低カロリーの食材です。
特に緑黄色野菜にはビタミンや食物繊維などの栄養も豊富に含まれているので、積極的に食べましょう。
ただし、ジャガイモやサツマイモ、にんじんなどの根菜類には糖質が多く含まれているので、食べすぎに注意してください。

果物

果物も低カロリーの食材としてよく知られていますが、果物には果糖という糖分が含まれています。
特にバナナやりんごなどは果糖が多く含まれているため、食べすぎに注意しましょう。

逆にダイエット中におすすめしたいのがいちご、グレープフルーツ、スイカです。
いちごにはビタミンCやカリウムなど、ダイエットや美容に効果的な栄養素が多く含まれます。
大量に食べると糖質も多くなってしまいますが、おやつに食べる程度であれば問題ありません。

また、グレープフルーツには満腹中枢を刺激し、脂肪を分解を促すなど、ダイエットにうれしい作用が期待できます。
スイカはカロリーが低く、食物繊維を豊富に含みます。
さらに、シトルリンという血行を促す栄養素も含まれているので、基礎代謝を上げる効果も期待できます。

大豆製品

納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品には植物性タンパク質が含まれています。
タンパク質は筋肉を作るもととなる栄養素です。
基礎代謝を上げ、簡単に痩せられる体を作るためには欠かせません。

また、大豆にはイソフラボンという女性ホルモンに似た物質が含まれています。
ダイエット中のイライラや肌荒れを緩和する効果が期待できるので、特に女性におすすめです。

卵にはタンパク質やビタミン、ミネラルなど、糖質以外のほぼすべての栄養素が含まれます。
栄養が偏りがちなダイエット中にぴったりの食材です。
ただし、だし巻き玉子やオムレツなど、調理法によっては糖質や脂質が多く含まれる場合もあります。
ゆで卵など、できるだけシンプルな調理法がおすすめです。

チーズ

牛乳や乳製品には乳糖という糖質が含まれるため、ダイエット中に大量に食べるのは避けたほうが良いでしょう。
しかし、チーズは例外的に糖質がほぼ含まれていないうえに、動物性タンパク質が豊富に含まれています。
小腹が減ったときや、おやつに食べるのもおすすめです。

⇒食べたいものを我慢しない!ファットカットロスはこちら